米国雇用統計発表

May 9, 2016

5月6日21:30分、米国の雇用統計が発表された。

 

個人的にはさほど悪い数字ではないと思うが、雇用者数の増加は予想と大きくかけ離れた数字になった。

この統計の中でも「非農業部門就業者数」と「失業率」の2項目が特に注目されていて、FOMC(連邦公開市場委員会)の金融政策の決定にも大きな影響を与えると言われている。

 

【非農業部門就業者数の変化】

  • 結果:16万人(予想より4万人減)

  • 予想:20万人

  • 前回:21.5万人

     

     【失業率】

  • 結果:5%

  • 予想:4.9%

  • 前回:5%

     

     この結果により、米国の利上げのタイミングが暗雲に乗り上げてしまったようである。日本においても、為替レート、株価への影響は非常に大きく、マイナス金利政策、財政再建をにらんだ補正予算や消費税増税等の成功の可否にも大きく影響してくる。

     

     米国の4月〜6月期の経済成長率や物価上昇率の発表が待たれる。それによって、日米の新たな動きが出てくる。いずれにせよ市況の大きな動きは7月以降と判断している。

 

【以下、Financial Times からの引用】

US rate rise chances recede as jobs growth slows

Prospect of lift in rates at June meeting clouded as pace of hiring ebbs

© Bloomberg

 

MAY 6, 2016 by: Sam Fleming in Washington and Adam Samson in New York

Hiring by American employers decelerated in April to the slowest pace since September, taking some of the shine off the US labour market following months of robust growth and adding to the Federal Reserve’s dilemma over when next to lift short-term interest rates.

 

Non-farm payrolls increased by 160,000 in April, a weaker figure than the 200,000 predicted by analysts before the data were released. Pay growth picked up, however, as employers lift wages to attract and retain workers. The jobless rate remained unchanged at 5 per cent, according to the data from the Bureau of Labor Statistics.

 

America’s unprecedented private sector hiring streak has been the central driver behind the Federal Reserve’s plans for gradual increases in short-term interest rates. The latest more subdued hiring numbers are unlikely to shake policymakers’ conviction that the US is at or close to full employment, with unemployment still hovering just above most officials’ estimates of the longer-term rate.

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ