Fiduciary Duty フィデューシャリー(受託者)が負う様々なデューティ(責任)

米国の法律家の書いた以下の文章があります。 要点は、 ある人物が信託関係で別の人のために行動することに同意した場合、法律は受託者がクライアントの利益に反しまたは反対するいかなる行為、または主題に関して自分の利益のために行動することを禁じます。クライアントは、委託者のために最高の努力をする必要があり、受託者は、クライアントのために行動するときに、自分のすべての技能、配慮および勤勉を持ってことに当たらなければならない。信託能力を有する者は、クライアントに関する高い誠実さと完全な開示を保持し、クライアントを犠牲にして個人的な利益を得るべきではありません。 ※要するにFiduciary Dutyは法律に明治されている受託者の義務であり、逆にクライアントも情報提供や誠実さにおいて最高の努力をすることが求められています。私は法律的なギブアンドテイクの世界だと認識しています。 <USlegalより抜粋> Breach of Fiduciary Duty Law and Legal Definition A fiduciary duty is an obligation to act in the best interest of another party. For instance, a corporation's board member has a fiduciary duty to the shareholders, a trustee has a fiduciary duty to the trust's beneficiaries, and an attorney has a f

中国銀行に於ける 貸出債権の「不良債権化」 〜 影の資産化(shadow assets)〜

大和総研レポート http://www.dir.co.jp/research/report/capital-mkt/20170307_011801.pdf 要約すると以下のようであるが、6%代の中国の経済成長率等の対外報告等も疑わしいとされている中国。オフバランス化されている不明・不良債権がメキシコの2016年のGDPを凌ぐという記事(Nikkei Asian Review)もある。 貸し出しが不良債権対象となった企業が増えているということであり、人口の多いことで有利に 進んでいたが、今後は中国経済の大きな足かせになるだろうと感じている。 中国への投資は、一歩引いた目で見て対応したほうがよさそうである。 【要約】 ・中国当局は理財商品に対する警戒を強めている。背景にはレバレッジ取引の拡大、理財商品を利用した銀行債権のオフバランス化への懸念があると考えられる。 ・市中金利が低下を続ける一方で、理財商品の収益率は下げ止まっている。このため銀行 から理財商品資金の運用を委託されたファンド等は収益確保のためにレポ市場を利用したレバレッジの拡大を進めてきた。 ・銀行の理財商品が返済に懸念のある貸出債権のオフバランス化に利用されているので はないかといった懸念も浮上している。 ・銀行業全体で見ると理財商品残高は貸出額合計の3分の1程だが、銀行の規模別で見ると、株式制商業銀行の理財商品残高は貸出額の6割に相当し、リスクが偏在している。 ・中国当局は短期金利の引き上げや、理財商品を広義の貸出と位置付けてリスク管理する等の対応を行っている。 【以下、Nikkei Asian Reviewからの引

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
Sitemap

Copyright VLIP Co.,Ltd ALL Rights Reserved.Thank you.