August 29, 2016

今回のBrexit(英国のユーロ離脱国民投票)は思わぬ結果に終わった。それは、政治家たちも投票者たちにとっても想像しなかった結果だったのだろうか。

いや、政治家にとっては予想外の結果であったが、国民にとってはどちらでもないような気がする。

二極化した世界では、投票者たちは英国の行くすえを見据えて投票したのではなく、経済的苦痛、移民、そして文化的アイデンティティの喪失に対するやるせない叫びを投票に表現したのである。

彼らにとっては未知の世界(ユーロ離脱)へ飛び込むことの恐れを感じるよりも

現実の問題への抗議投票であった。

翻って、11月の米国大...

August 22, 2016

リオのオリンピックが終わった。私は残念ながら仕事の関係で、女子マラソンしか見る事が出来なかった。今回はメダル数も多く次回の東京オリンピックに大きな期待がかかる。期待値が上がれば経済効果も上がり景気が良くなると期待したい・・・・・。

 残念ながら、オリンピックの経済効果はなかなか計れないようであるし、感動して涙して終わってしまうようである(長野オリンピックは経済効果はマイナスとか・・)。ただ、個人的な感情をリセットする意味では大きな効果があると思う。

 現実に戻ると、黒田バズーカやマイナス金利政策といった「金融政策」が華やかだが、これらの...

August 15, 2016

 4~6月期の国内総生産(GDP)は2四半期連続のプラス成長ではあるが、前期比0.048%増と横ばい圏にとどまった。海外経済の減速と円高の進行を受け、設備投資や輸出が落ち込んだ。個人消費はプラスを維持したものの、勢いはなく、国内景気は低空飛行が続く。しっかりした回復基調に戻すには、企業や家計の心理改善が不可欠だ。

 設備投資は、民間調査機関の事前予測ではプラスが多かった。しかし新興国を中心に不透明感が増していることや、円高の進行が企業の投資判断を鈍らせた。生産性向上につながる設備投資が活発に行われているとはいえず、成長に向けた歩みは足...

August 8, 2016

債権投資の最高峰のPIMCO社は種々の権威ある会議を開催し、長・短期の経済予測を発表し、PIMCO社の商品の論理的基盤を形成している。

【要旨】

PIMCOグローバル・アドバイザリー・ボード(GAB)は、世界的に著名なマクロ経済の専門家や政策当局の経験者から構成されたチームです。

FRB前議長のベン・バーナンキ氏を議長とするGABは、年に数回PIMCOのニューポートビーチ・オフィスにおいて会合を開き、PIMCOの経済予測会議の議論に貢献しています。

GABは今回の長期経済予測会議において、金融政策、地政学要因、原油価格、中国の見通しを始めと...

August 2, 2016

東京都知事選挙が31日、投開票され、元防衛相の小池百合子氏(64)が初当選を決めた。所属する自民党の支援を得られないまま出馬。「都政の透明化」などを掲げ、元総務相の増田寛也氏(64)=自民、公明、日本のこころ推薦=、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=らを破った。初の女性都知事になる。

待機児童や介護の人材確保といった問題が「喫緊の課題」だとして重点的に取り組む考えを示した。

 小池氏は2日、東京・西新宿の都庁に初登庁する予定。都知事選では17年ぶりの保守分裂となった選挙戦で、小池氏は自民党都連などを厳しく...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
Sitemap

Copyright VLIP Co.,Ltd ALL Rights Reserved.Thank you.